「うちの保育園は悪くない」園長の驚きの言葉…娘を苦しめていたのは親!?~サヨナラ、パパ第4話~

ウーマンエキサイト連載記事
★きょうだい児(障がい者の兄弟)で何が悪い!?シリーズ 画像クリックで進みます。
★僕の病状や入院等で急に掲載がストップすることがあります。その時はゴメンナサイ…。 画像クリックで進みます。
その他カテゴリー一覧はこちらからどうぞ。
スポンサーリンク

育児エッセイマンガの一覧

これまでのお話

まだ読まれていない方は併せてご覧下さい。

 

スポンサーリンク

「うちの保育園は悪くない」園長の驚きの言葉…娘を苦しめていたのは親!?

サヨナラ、心がくじけたパパ。ウーマンエキサイトさんにて本日午前7時より第4話公開開始されました。

 

このお話は…本当に難しかったです。描くのが。

基本的に僕のお話は全て事実に基づいて描いているのですが(読みやすいように時系列を変更することはアリ)、このお話に関しては編集部からかなりのご指摘を頂きまして( ̄▽ ̄;)
模索されないように、そして話がウソにならないようにかなり頭を使って構成しています。

おそらくボツになったイラスト枚数は全話の中でこの第4話がダントツです(笑)

 

ま、読んで頂ければ何となく分かって頂けるかと思います。

今更相手にケンカ売りたいわけでもないっちゃないですからね。
それでも未だに長女関連の事件としては一番腹立たしい出来事ではありましたが。

発達支援施設の関係者の方であれば『あるある』と思えるような内容かもしれません。

 

そんなお話はこちら↑↑↑から読むことが出来ます。

全9話!来週の月曜日公開の最終回までどうぞ宜しくお願い致しますm(__)m

 

コメント

  1. AKAZUKIN より:

    ううーん、、こんな保育園の先生もおられるのですね・・・
    ウチも娘はずっと保育園で、特に離婚する前の保育園の先生にはほんとにお世話になりっぱなしで・・・ずっと二人三脚な感じでした。
    相性で本当に難しい・・・すごく悩まれただろうな、と思います。

  2. kobayashi より:

    あくまで個人の主観なので、不快に感じてしまったらすいません。
    どのくらいの期間通われていたかはわかりませんが、これまで保育園側から困りごとなどの相談はなかったのでしょうか?
    家の子は2歳で自閉症スペクトラム(当時は疑い)の診断を受けている4歳児ですが、2歳になる前あたりに保育園の先生からやんわりと言われました。
    私の場合は何となくそのような気がしていたので「ああ、やっぱり」という感じでした。
    保育園には、
    ・専門家ではないから、(療育施設等の)専門家のアドバイスをもらいながら、「こういう時はどうする」等、密に連携をとって保育していきたい。
    ・集団行動(発表会など)にはうまく参加させられないこともある
    と伝えられましたが、こちらとしては我が子の状態を考えると納得のいくものでした。

    お話を読んで、保育園側が冷たい様に書かれてますが、「発達に問題のある子供の特性を考慮したかかわり方、声掛け方法、園での過ごし方についての工夫を相談する前に、転園を前提として話をされてしまったために生じたすれ違いがあるのかなと思います。
    園長先生からすれば「困りごとに対して家庭での工夫のないままに、先生方のかかわり方が下手くそだったから子供が上手く過ごせなかった」とクレームを言われたように感じたのかもしれませんね。