0062:避難勧告と森下家の夕食時の事件簿

長女ワールド(育児マンガ)
★きょうだい児(障がい者の兄弟)で何が悪い!?シリーズ★

筆者のエッセイ漫画。幼少期から大人になるまでの体験談を不定期で更新しています。

オブラートに包み隠さず描く中々に人の闇が目立つお話ですが、多くの方に知って欲しいので是非読んでみて下さい。

こんばんは、もりりんパパです。

 

今日僕が住んでいる町は夜中からまたとんでもない雨でした(´Д`)

 

数時間で降水量100㎜、ほんと今年は降り方が酷いです。

またまた避難勧告出るし。

おてんとさまは九州をどうするつもりなんだい…

昼前に雨がピタッと止んで避難勧告が解除されたのが幸いでしたね。

 

さてさて。

本日の夕ご飯の時間。

僕は帰りが少し遅かったのでちょうど居合わせなかったのですが、その時事件が起こっていたそうです。

 

喜ぶ長女とは対称的に何やら見つめている次女。

 

 

 

 

 

ヒヨコ(゜Д゜)!?

 

 

 

どうやら次女によると、僕のピラフからヒヨコが現れたそうなのです。

…???

 

爆笑の長女。

 

まぁ真っ当な反応ですよね。

しかし次女は主張を変えません。

なので…

 

 

 

 

 

 

確かにヒヨコ((((;゜Д゜))))

 

 

 

僕も家に帰ってから見たのですが、完全にヒヨコ(笑)

コーンに偶然付いていた調味料とかが目やクチバシに見えたようですね。

 

 

 

すげぇー(゜Д゜)

 

 

 

てか、それを見つけた次女が凄い。

何故ご飯が始まって自分のではなく僕のピラフに注目したのかが謎ですが。

 

子供からしか見えない不思議な世界。

その着眼点に感服です。

コメント