0863:保育園から紫斑病の疑いを指摘される。

次女の紫斑病闘病記。小児のアレルギー性紫斑病は突然に。
その他カテゴリー一覧はこちらからどうぞ。

それは突然の出来事でした。
うむ…嫁さんも言っていたけど、人生ってホント何が急におこるか分かりませんね。

 

昨日のお昼過ぎ、僕は会議&送迎&会議と久々に忙しいスケジュールの中バタバタとしていたのですが、そんな時に嫁さんから電話がありまして。

 

前にも書きましたが、実家の母から突然電話がなると大体イヤな予感がするんです。
今年の春はそのパターンで祖母が倒れたお知らせでしたし(-_-;)

 

でも嫁さんからはちょくちょく電話はあります。

仕事中は基本LINEにしておくれと言っていてもたまに電話はあります(;^ω^)
なので昨日もそんな感じで『保育園の迎えに行ってくれ』とでも言うんだろうな、と思っていましたが…

 


違った、今回は珍しくよくないパターンだったわ。

 

どうやら保育園の看護師から電話があったようで、足に紫色の点々が沢山発生しているので紫斑の疑いがあるとのこと。
病院に行って検査をした方がよさそうなので早めに迎えに来て欲しいということでした。

僕はどうにも都合がつかなかったので嫁さんに行ってもらうことに。

 

紫斑という病気自体は僕知っていたんですよね。

実は僕長女が年少から年長の頃に股関節があまりにも痛くて松葉杖生活をしていたんです。
その時に色々な病院をたらい回しにされながら検査&薬の調節をしていたのですが、途中で手と足の末端に点々が沢山出来ましてね(-_-;)

結果としては色も薄くて押すと消えることから薬疹だったのですが、当時の僕はとにかく病気の正体が知りたくて色々と調べていて紫斑という病気もその際に確認していたのでした。

 


紫斑はねぇ…

 

僕と長女の病気と同じく原因やメカニズム・治療法が完全に確立されていないちょっと厄介な病気なんですよね(;´Д`)

 

ただ、小児で発症した場合の予後は良好であることが多いと聞いています。
ざっくり言うと血管の病気なのですが、腹痛や浮腫・関節痛を伴わなければ経過観察で自然治癒を待つみたいですし。

ただし尿検査で血液が検出されると即入院となるのでちょっと心配しております。

…今日の血液検査は特変なしでしたけどね。

 


明日の朝…
この記事が公開される頃に尿を採取して嫁さんが病院に持っていきます。

 

あ…

 

 

 

おねしょ、絶対にしませんように(;^ω^)

 

 

 

そのパターンだけはやめてくれw

 

実は今日病院に着いてから即トイレに行っちゃって尿検査できなかったらしいんですよね。
んで病院にいる間に水分補給したけど結局出なくて、その後行ったスーパーに着いた瞬間におしっこしたくなってトイレに駆け込んだらしいw
これで明日も尿採取できなかったら最早コントなのでおねしょだけは勘弁して頂きたい(;”∀”)

 

あと他の検査は金曜日のエコー検査かな。
点々は紫斑で間違いないらしいんだけど、それが紫斑病なのかどうかはまだ確定していませんからね。
心配ながらも様子をみて結果を待ちたいと思います。

 


当の本人はケロッとしてますけど。

今日血液検査で注射器を刺されたけど泣かなかったということで、嫁さんからお菓子とおもちゃを買ってもらって喜んでいました。

 

そんで…

 

 

 

 


こんなことを言う始末。

 

 

 

病気を悪用するんじゃねぇ(;’∀’)

 

 

 

大したたくましさですよ、ホント。
何かね、この子なら紫斑病としても大丈夫な気がします(;´▽`A“

 

まぁ後はね、紫斑病だったら激しい運動は厳禁なんです。
(普通の歩行とか、保育園に行くことは全く持って問題ないらしいです)

 

暴れるの好きだからなぁ…
抑えきれるかなぁ、てか抑えないと紫斑増えちまうからね。
そこが今現在一番心配だったりしけどね。

 

何にせよとにかく結果を待ちたいと思います!
それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました