癌を取っ払ってきます。気になるのは手術より5年生存率。

もりりん家のお話・その他色々
★きょうだい児(障がい者の兄弟)で何が悪い!?シリーズ 画像クリックで進みます。
★僕の病状や入院等で急に掲載がストップすることがあります。その時はゴメンナサイ…。 画像クリックで進みます。
その他カテゴリー一覧はこちらからどうぞ。
スポンサーリンク

育児エッセイマンガの一覧

パパ
パパ

育児エッセイマンガの一覧はこちらです。併せてご覧下さい!

 

癌を取っ払う日がやってきた…!!

さて…戦いの日がやってきました。

 

突然の癌宣告のお話はこちらです。

このシリーズは長女の指令により明るく書いております(笑)

 

昨日は母を病院まで連れて行ってきました。

 

長女がちょうど期末考査の真っ最中で帰宅時間が早いのでね、実家に母を迎えに行ったあと、そのまま中学校まで長女を迎えに行ってからの3人で北九州の大きな病院まで大移動です。

 

母にも言いましたけどね、ぶっちゃけ手術自体はさほど心配でもないのですよ。
全身麻酔ですがごく一般的なリスクですし程なく終わると思います。

心配なのは…

 

家族の心配は5年生存率。

やはり5年生存率ですかね。

実際癌は開いてみないと正確なステージは分かりませんし、術中に切除する部位が拡がることも多々あると聞きます。

 

5年生存率…

嫁さんと嫁母さんの肝臓移植の際もそうでしたが、この数値はやっぱり怖いですね。
あの2人は見事克服しましたが、うちの母も是非とも勝って頂きたい…。

 

本人の心配は…。

手術の時間は3~4時間。入院期間はおよそ1週間。

 

移植の時と比べるとさすがに短いですが(あの時は16時間手術の2か月ちかく入院)、母としては一刻も早い退院を先生に臨んでいました。

なぜならば…

 

母が入院するにあたってヒロ君が施設に短期入所中なんですよね。

 

実はヒロ君、高校時代は北九州にある養護施設に入所していたみたいなんです。

僕は当時盛大に家出をしていたので全く知らなかったのですが、高校の3年間は月~金まで入所して土日は実家で過ごすという流れで生活していたらしいです。

 

僕は昨日母と話していて初めて知ったのですが、その関係で5日までなら今回もどうにか施設での生活を我慢できると思うと言っていました。

それが、今回の入院期間はおよそ1週間。
母曰く大丈夫とは思うけど、やはりそこが気がかりなのでさっさと退院すると宣言しております( ̄▽ ̄;)

 

ま…まぁ、強い人なので大丈夫と思いますが、あまり無理をしないように。。。

 

スポンサーリンク

病院がすごいがこの人もすごい。

昼過ぎに病院に到着。

ここ実は僕たち3兄弟が生まれた病院でもあるのですが、移転してとてつもなく立派な建物に生まれ変わっておりまして。

 

なんかもう入り口のドアはグルグル回転するし総合受付のフロアには橋がかかっているし、何故か建物内なのにおしゃれな街灯はあるし、一体何なんだコレはホテルか(笑)

 

で、病室に移動して入院時の簡単な検査を行い、その後の先生の説明を待つが待てども待てども順番は来ず…

 

いい加減お腹が減ったので先に2階にある食堂で腹ごしらえをすることに。

ここで長女がとある能力を発揮します…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

パパ
パパ

お前は何故いつもいつも…!!

長女
長女

仕方ないっす。旨そうなものは大体豪華で高い。

パパ
パパ

ぬっく…!!!

 

ま…そんな長女はおいといて、とりあえず母には長生きして貰わないといけないので頑張って頂きましょう。

 

母の強さと今の医学を信じます。

頑張って克服しておくれ!!

コメント

  1. AKAZUKIN より:

    お母さん…応援します。というか、みなさんを応援…
    どうかいろんなことがうまくいきますように。