0030:次女さんの大声フェスティバル

次女ワールド(育児マンガ)
★きょうだい児(障がい者の兄弟)で何が悪い!?シリーズ★

筆者のエッセイ漫画。幼少期から大人になるまでの体験談を不定期で更新しています。

オブラートに包み隠さず描く中々に人の闇が目立つお話ですが、多くの方に知って欲しいので是非読んでみて下さい。

我が家の元気ハツラツ暴れん坊怪獣娘、次女さん(3)。

 

彼女はとにかく声がでかい。

昨日行ってきた南阿蘇でも、まぁ何回叫んだ事か。

思い返せば彼女が外で叫び始めたのは2歳の頃からだったような気がします。

 

昨年の秋に次女は生まれて2回目の車中泊に参加しました。
場所は宮崎県の国見ヶ丘(高千穂峡の近く)

 

朝早くから雲海の写真を撮りたくて、前日の夜に家を出発して車中泊をしたのです。

朝の5時頃には起きて服を着替えたり歯を磨いたりと準備をしないといけないのですが。

そこは流石早起きさん。僕が目覚ましで起きると同時に起床。

 

いや、実はもう少し寝て欲しかった( ̄。 ̄;)
だって君が起きるとほらもうなんか…

 

 

 

忙しさ倍増するから。

 

 

 

逆に起きて欲しい長女は全然起きてくれない。
んもう(´Д`)

 

高台に出ると朝焼け空。
僕がカメラの準備をしている中長女と次女ははしゃいでまわっていましたが、

 

途中で急に何かを思い出したかのように。

 

連呼しまくりました(;゚д゚)

 

これが多分次女の山での初ヤッホーです。
どこで覚えたかは分かりませんが(保育園?)『山でのやっほー』を取得したようです。

 

気持ち良かったんでしょうね、またどこかで『やっほー』を言いたいとたまに呟いていたし。

そして今年の3月。

次女の人生3度目の車中泊、今回は長崎。

 

 

山でのヤッホーは海でのヤッホーに進化してしまいました。

ま、まぁ海も広々として気持ちも良いし、ヤッホーも言いたくなりますよね?(^_^;)

 

しかし、山から海でのヤッホーに進化してそれで終わる次女ではないのです。

 

観光で訪れた駅でもヤッホー…。

 

 

 

ヤメレ(゜Д゜)

 

 

 

大分県別府市にある山地獄でもカバのショーヘイに向かってヤッホー…。

 

 

 

ほんとヤメレ(;゚д゚)

 

 

 

もう最終的にはただ叫びたい時にヤッホー言ってるだけになりました。

嫁さんもやられたと言っていましたが、スーパーで買い物している時もカートの中からヤッホー叫びます(゜Д゜)

 

周りからクスクスと笑われて、流石に恥ずかしいので注意すると

 

 

 

 

小声に変えおった(;゚д゚)

 

 

 

しかも結局ヤッホーは言っている上に周りから更に笑われて満足そうな次女。

ほんとこいつはあざとい((((;゜Д゜))))

あとヤッホーのかわりに歌う事も増えて来ました。

 

歌うのはいいんですが、なんせ声がでかいので周りからの注目の的に。

 

昨日も途中でよったコンビニで大声で歌っていたら店員さんにクスクスと笑われていましたし(゜Д゜)

本人はいつも満足そうですがね。

 

こっちは恥ずかしいのですよ。
大声でおどるぽんぽこりん歌うんじゃない(;^_^A

 

次女の大声フェスティバル。当分は続きそうですね。

コメント