0038:次女のゲスい良い子アピール

次女ワールド(育児マンガ)
★きょうだい児(障がい者の兄弟)で何が悪い!?シリーズ★

筆者のエッセイ漫画。幼少期から大人になるまでの体験談を不定期で更新しています。

オブラートに包み隠さず描く中々に人の闇が目立つお話ですが、多くの方に知って欲しいので是非読んでみて下さい。

僕は子供たちを寝かせる前にちょっとだけアニメを見せています。

 

最近は青いタヌキ猫型ロボットとか猫とネズミの仁義なき戦いとか戦い大好きな金髪の宇宙人のお話しとかを良く見てますね。

15分位見たらもうその日はおしまいなんですけどね。

 

さて、次女さんは最近中々言うことを聞いてくれない時があるので…

 

とか言っとくと、多少いい子になる確率が上がります。

てかお姉ちゃん…お前じゃない。

 

 

 

あんたはそんな事言わなくてもそろそろしっかりしておくれ(´Д`)

 

 

 

しかし…次女さんの中での【いい子】とは…。

例えば今日のお風呂の時なんかも。

 

 

 

 

 

…おい(゜Д゜)

 

 

 

風呂上りでも

 

 

 

 

 

 

いい子と言えば良いと思うなよ((((;゜Д゜))))

 

 

 

とりあえず最後に【いい子】とアピールしとけばいいや~
という面が垣間見えます( ̄。 ̄;)

 

その後『いい子~いい子~私はいい子~』とか歌ってましたからね。

 

 

 

ゲスい奴め(´Д`)

 

 

 

とはいえ、ちゃんといい子している時も勿論あるんですけどね。

いい子アピールに惑わされないようにしなくては。

 

それではあっという間にこんな時間になったので、本日はこの辺で。

おやすみなさいm(_ _)m

コメント