0052:よい子キャンペーン終了間際のお知らせ

次女ワールド(育児マンガ)
★きょうだい児(障がい者の兄弟)で何が悪い!?シリーズ★

筆者のエッセイ漫画。幼少期から大人になるまでの体験談を不定期で更新しています。

オブラートに包み隠さず描く中々に人の闇が目立つお話ですが、多くの方に知って欲しいので是非読んでみて下さい。

こんばんは、ついにHUNTER×HUNTERが無期限休載になり凹みまくっているもりりんパパです。

 

今回は衝撃的な展開すぎたけど、普段以上に続きが気になるのに…。

冨樫さん頼むぜ~(ノД`)

 

さて。

次女はここ最近よい子アピールを盛大に行っていましたが、どうやら終焉が見えてきました。

夕食前に長女と一緒にぬりえを楽しんでいたのですが、何か気に食わないことがあったのでしょう。

 

すんごいぶすくれて

 

こんなことを言い出す。

 

 

 

いや、しませんけど( ̄。 ̄;)

 

 

 

とんでもない言いがかりだな。

とにかく何やら機嫌が悪い。

 

そして偉そう。

お前はあれか?俺の嫌いな昭和の亭主関白な親父か??

 

ここで優しいお姉ちゃんがサッとお茶を出してあげます。

 

で、無言で頷く。

 

 

 

だから昭和の親父か(;゚д゚)

 

 

 

 

 

 

 

そんな偉そうなありがとうがあるかーーー((((;゜Д゜))))

 

 

 

『どういたしまして』を言って貰いたいみたいですが。

こんな流れで『どういたしまして』なんて言葉が出るのだろうか(・д・)

 

実演してみた。

いや。

勝手に嫁さんから実演されました。

 

 

 

 

 

腹立つーーー(▼皿▼)

 

 

 

あのな。

こんな流れではありがとうに対しての感謝の気持ちは出てこないんだよ。

と、寝る時に次女に教えときました( ̄。 ̄;)

 

そもそも、『ありがとう』が棒読みな時点で間違っているんだからな。

 

後、おまけ。

本日の次女エピソードをもう一つ。

歯みがきにて。

 

 

 

 

 

 

 

仕上げって指示するもんじゃないからな( ̄。 ̄;)

 

 

 

よい子キャンペーンが終わると同時に、わがままキャンペーンが始まってしまいました。

おしまい。

コメント