ある日突然お受験することになりました。~長女の中学受験奮闘記【CASE1】~

長女の中学受験奮闘記
★きょうだい児(障がい者の兄弟)で何が悪い!?シリーズ★

筆者のエッセイ漫画。幼少期から大人になるまでの体験談を不定期で更新しています。

オブラートに包み隠さず描く中々に人の闇が目立つお話ですが、多くの方に知って欲しいので是非読んでみて下さい。

 
 

 

長女中学受験のあらすじ

2018年1月…

自宅でのおよそ半年間の家庭学習を経てどうにか受験を突破した長女さん。

 

その模様はこのブログの前身でもあるFC2ブログを発端にウーマンエキサイトさんでも記事にさせて頂きました。
あれから月日が流れ、長女は四苦八苦しながら中学校生活を満喫(!?)しています。

 

で、まだまだFC2ブログからの記事の移行を進めている僕なのですが、残り僅かとなったところでこの”中学受験シリーズ”の移動に重い腰をあげることにしてみました。

幸い、今後家庭で時間を過ごすことが大幅に増えそうなんですよね。
…まぁ、病気の療養が主な目的ではあるのですが(笑)

 

なので、この”長女の中学受験奮闘記シリーズ”を大幅に加筆修正して掲載しつつ、そろそろ”パパはきょうだい児シリーズ”も終わりへと向けて一気に書き進めていこうと思います。

体調と相談しながらの更新になるのでどちらも不定期更新になりますけどね(^^;
それではどうぞ宜しくお願い致しますm(__)m

 

ウーマンエキサイト版

2019年4月から連載したウーマンエキサイト版の中学受験シリーズはこちらから読めます。

 

FC2ブログ版は短かった上に数年後には消滅すると思いますが、こちらは多分残ると思いますので。
気になる方は併せてご覧下さい。

スポンサーリンク

お受験は突然に。

パパ
パパ

…えっと、なんだって!!?

嫁さん
嫁さん

いや、だからね?

 

2017年5月。
嫁さんの一言でそれは突然始まりました。

 

 

どうにも5年生の後半位から勉強のコツを掴んだらしく、テストで程良い結果を残すようになってきた長女さん。
まぁ本当に程良くなんですけどね。

 

で、将来の夢もぼんやりとですが本人の頭に浮かんでいる様子。
じゃあせっかくだからとある中学校の受験をしてみる?という話になりました。

嫁さんからこの話をされる前に、僕の頭の中にも一応”中学受験”の文字はあったんです。
でもいざ真剣に考えてみると…ちょっと戸惑ってしまいますよね。

 

一番大切なのは。

1番大切なのは本人の意思。

 

はっきりと言ってしまえば長女の人生において大切なポイントとなりかねない出来事。
それを僕たち親だけで決める訳にはさすがにいきません。

中学受験がどのような事か・その学校は通常とはどう違うのか・仮に合格出来たらどういった事になるのか…
そういった話を1つずつ丁寧に説明し、長女にゆっくりと考えてもらう事にしました。

 

 

 

 

で、その長女の反応は…

 

 

 

割とあっさり即答でした。

 

 

 

潔し(笑)

 

 

 

あっさりと受験することを確定させました。
この潔さはホントすげぇ…。

 

もしも仮に合格した場合、今の同級生とは殆ど離れ離れになるということ。
宿題も他校と比べてもかなり増え、勉強量が跳ね上がる説明なんかもしたんですけどね。

仲の良い友達とは学校が違っても別に遊べるし、勉強もどうせしないといけないから問題ないそうです。

 

パパ
パパ

長女…こういう部分はホントポジティブだな。

 

スポンサーリンク

そしてここから。

そんなわけで確定してしまったお受験。
小学校の担任にその旨を説明し、中学校の説明会に参加したりして書類関係の準備を済ませました。

 

 

 

しかし。

 

 

 

ここから新たな問題が続々と登場してくるのでした。

 

 

 

えぇ、それはもう本当に続々と(笑)

 

 

 

つづく。

コメント

  1. なんか、長女さん、男前やな。( ゚д゚)ウム