【車中泊】大観峰(熊本県阿蘇市)に泊まってみた!!雲海スポット・駐車場トイレ有【全国車中泊スポット紹介/ミルクロード・国道212号線付近】

全国の車中泊スポットを紹介!!
★きょうだい児(障がい者の兄弟)で何が悪い!?シリーズ 画像クリックで進みます。
★僕の病状や入院等で急に掲載がストップすることがあります。その時はゴメンナサイ…。 画像クリックで進みます。
その他カテゴリー一覧はこちらからどうぞ。
スポンサーリンク

【車中泊】大観峰(熊本県阿蘇市)に泊まってみた!!

こちらの道の駅には2017年11月、2019年1月などに訪れました。
この時点では車中泊禁止との情報は出ておりません。

 

この時の旅はまだ記事にしていません。

時を追って記事にします。それ以外の旅行記をこちら↑↑↑に纏めてありますので、併せてご覧下さい。

 

詳細データ

どこにある?

住所:〒869-2313 熊本県阿蘇市山田2090−8
電話番号:0967-34-1600
営業時間:24時間※店は17時まで
定休日:

大観峰(だいかんぼう)は、熊本県阿蘇市にある標高は935.9mの山。

阿蘇北外輪山の最高峰であり、阿蘇カルデラやそのカルデラ壁、そして中央火口丘である阿蘇五岳をはじめ、九重連山も一望することができる。至近には国道212号がカルデラ内外を繋いでおり、「ミルクロード」(熊本県道45号)沿いの当山へのアクセスは容易で、駐車場も整備されている。阿蘇エリアで一、ニを争う人気の展望スポットとして知られており、多くの観光客を集める。(ウィキペディアより抜粋・編集)

 

ミルクロード(熊本県道45号阿蘇公園菊池線)とは

熊本県道45号阿蘇公園菊池線(あそこうえんきくちせん)は、熊本県阿蘇市から菊池市に至る主要地方道。
ミルクロード…阿蘇の西麓に位置する大津町から外輪山に登り、稜線上を伝ってやまなみハイウェイとの交点に至る全長約45 kmの道路の通称。
もともと、沿線に点在する牧場の牛乳搬出用の農道として整備された経緯から名付けられたものである。
本県道路線は、熊本県道339号北外輪山大津線から大分県道・熊本県道12号天瀬阿蘇線との重複区間を経て、国道212号交点の大観峰からやまなみハイウェイまでの単独区間がミルクロードの一部を構成する。

 

トイレ

【トイレ】
男:大・小
女:
身障者用:

駐車場からトイレまでは若干距離があるが、門の閉まる17時以降も人は立ち入りOKなので利用できる。

ただし…

 

時間帯にもよるがご覧の通りトイレまでの道中は真っ暗になるので懐中電灯はあった方が良いかと思われる。

上記撮影時は流星群の観測も兼ねており、新月だったのでほぼ暗闇状態だった。
月明かりのある時はもう少しマシかもしえない(笑)

 

駐車場

【駐車場】
普通車:  台
大型車:  台
身障者用: 台

駐車場はかなり広大。門の中は17時以降は車で侵入できないので外側にはなるが、スペースが多大なので停める場所がないということはないかと思われる。

ただ上述の通りトイレの位置からはどんどん離れる可能性があるので、良い場所を確保しようと思ったらある程度早めの時期の方がよいかもしれない。

 

雲海(10月~12月・年明け)の時期や初日の出、流星群の時などは人気スポットとなるのでそれなりに気合いを入れて場所を確保した方がよいかも。
それ以外の時はかなりゆっくり静かに車中泊はできるでしょう。

昼間は日曜日・祝日を中心に観光客がかなり多いので近場の駐車場はほぼうまっていると思って間違いない。

 

近隣にコンビニ等はあるのか。

 

10キロ以内にあります

 

執筆時点で”ファミリーマート 阿蘇内牧店、〒869-2301 熊本県阿蘇市内牧1073−5”が一番近くにありますね。
車で15分かかるので夜間に利用する場合は事前の準備必須です。
しかもこのコンビニの場合大観峰からいったん阿蘇の町中まで下りないといけないので、道中アップダウンが激しくやや大変です。

福岡や大分方面から来る場合は執筆時点で”ファミリーマート 南小国きよら店、〒869-2401 熊本県阿蘇郡南小国町赤馬場1786−1”がありますが、13キロも手前にあるので見落とさないように注意して下さい。

 

近隣に温泉や銭湯はあるのか。

執筆時点では”内牧温泉 共同浴場 七福温泉、〒869-2301 熊本県阿蘇市内牧1132 七福温泉”というお店が一番近くにあるようです。

距離は道の駅から約10kmの距離車でおよそ約16分程とのことでした。
どうぞ参考にされて下さい。

僕は福岡方面から向かうので、大観峰にて車中泊をする場合は途中にある杖立で家族湯に入ってから向かうことが多いです。

 

スポンサーリンク

その他施設

観光案内所

 

特産物や軽食コーナー

 

展望所

九州とは思えないほどの絶景を拝むことができます。

 

スポンサーリンク

周辺の観光スポット

うぶやま牧場(熊本県阿蘇郡産山村)

風を切り、くるくるとまわり続ける巨大な風車は、うぶやま牧場を象徴するシンボル。
風車の下には広大な草原が広がり、牧場には「囲い」や「仕切り」がほとんどありません。
さえぎるモノのない空をあおぎ、風に吹かれ、芝生に寝ころび、動物とふれあい…。
楽しみ方はいく通りもありますが、ただそこにいるだけで心が満たされる、そんな牧場です。(公式HPより)

草千里ケ浜(熊本県阿蘇市)

熊本県、阿蘇山の中央火口丘の一。烏帽子(えぼし)岳北斜面の火口跡。草原をなし、牛馬の放牧場になっている。熊本地震で途中の道路が通行止めとなり長らくお休みしていたが、見事に復活。活気を取り戻している。

今は亡き ラピュタの道(熊本県阿蘇市)

雲海の季節にはまるで雲の上に島があるようにも見え、ラピュタの道として親しまれ観光客が賑わっていました。しかし、元々劣化していた上にたび重なる豪雨で通行止めになることもしばしば。そして、2016年の熊本地震により危険度がかなり増したとのことでその後は修復作業がストップしています。いつかまたあの姿を見られることを夢に見つつ、当時の写真を掲載したいと思います。

 

スポンサーリンク

大観峰 のまとめ

以上、大観峰での車中泊記事でした。
いかがだったでしょうか。

なお、この記事は道の駅での車中泊や旅での事故・事件などには一切関与いたしません。
行かれる方は必ず事前に最新の情報を調べ、自己責任で行動をされて下さい。
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、営業時間・店休日など変更となっている場合がありますのでご注意ください。

 

公式サイトも是非参照にされて下さいね。

 

今回の記事は以上です!
それでは良い旅を…!!

九州地方と熊本県の道の駅

↑↑↑それぞれ画像クリックで進みます。

道の駅情報のほかに温泉や旅記事などもこのカテゴリーから読むことができます。

 

次のページには”道の駅での車中泊についての注意事項””新型コロナウイルスを含む社会人としてのマナー問題””このブログでのルール”等を記していますので、是非合わせてご覧下さいね!!

コメント