0063:嫁さんよ、察してくれ

次女ワールド(育児マンガ)
★きょうだい児(障がい者の兄弟)で何が悪い!?シリーズ★

筆者のエッセイ漫画。幼少期から大人になるまでの体験談を不定期で更新しています。

オブラートに包み隠さず描く中々に人の闇が目立つお話ですが、多くの方に知って欲しいので是非読んでみて下さい。

こんばんは、もりりんパパですm(_ _)m

 


以前書いたようにうちの嫁さんは半マネージャー状態。

 

誤字脱字を教えてくれたり、内容が分かりにくいと様々な提案をしてくれたり。

僕のいない時間に子どもたちが何か面白い事をしたら、その話題を僕に提供してくれたり。

 

昨日の記事なんかは嫁さんが教えてくれたんです。

 

後、僕が毎晩11時の更新を目指してるので時間が迫ってくると教えてくれます。

 

とっても頼もしい存在なのです。

 

 

 

…が。

 

 

 

邪魔もしてきます(笑)

 

不意に自分の仕事の話や相談をしてきたり…。

 

内容が軽い話なら良いのですが、重めの話(しっかり聞かないといけない系)を割としてくるのです。

 

更新時間30分前とかに(笑)

 

しかも厄介な事に…。

過去の話ですが、彼女は話を中途半端に聞くと高確率で機嫌がとてつもなくすこぶる悪くなってしまいます。

 

まぁ最近は僕も気をつけていて嫁さんも丸くなってそんなに怒る事もないんですけどね。

で、僕は話を聞かないと悪いよなーと思い作業をしながら頭は嫁の会話に集中…

 

 

 

…なんてできるはずがない(´Д`)

 

 

 

その時間はがっつり作業中断です。

そのくせ自分の話が終わった後に

 

とか言う始末。

 

 

 

応援か邪魔かどっちかにしてくれーーー
((((;゜Д゜))))

 

 

 

いや邪魔はしなくていい。

まぁ夫婦なので会話は大切ですからね。

11時の更新が終わったらお話ししっかり聞くからちょいと待ってくれい!!

 

…と、今も書きながら思っていたのでこのブログから訴えてみる(笑)

コメント