0821:パパの懺悔シリーズ…完結!!

次女ワールド(育児マンガ)
★きょうだい児(障がい者の兄弟)で何が悪い!?シリーズ★

筆者のエッセイ漫画。幼少期から大人になるまでの体験談を不定期で更新しています。

オブラートに包み隠さず描く中々に人の闇が目立つお話ですが、多くの方に知って欲しいので是非読んでみて下さい。

一応前回の続き。

今回は次女バージョンです★

 

 

 

このところ子ども達にガミガミと言うことが多かったんですよね。

なんかね…こういうのって重なるんですよね、子ども達。

 

 

 

断じて僕のストレスがたまっていた訳ではありませんよ??

 

 

 

次女さんはね、長女と正反対で僕の言う事はホント聞かんのです(-_-;)

長女はまだ聞いてくれる方なんだけどな。

 

怒っていても正直途中でキリがなくなるので、嫁さんにふります(笑)

嫁さんの名前を出すと急に態度が変わるんですよね、分かりやすい。

…嫁さんはアレだな、昭和のお父さんのポジションですな。次女にとってはw

 


さて。

ガミガミ言っていたのが寝室で、嫁さんがこの時間いたのはリビング。

そのリビングでことの流れを説明して帰ってきた次女ですが…

 

…。

 

…。

 

ムム、どうも何かおかしい。

 

 

 

 

うん、おかしい(確信)

 

 

 

嫁さんは確認もなくそんなことする人じゃないからね。

いや、一応もう少し掘り下げてみるか。

 

 

 

 

あぁ、うん。やっぱ黒だ(笑)

 

 

 

これは次女さんウソついてますね~。

 

このくらいの年になると、こういうウソついちゃいますよね。

長女もあったなぁ、こういうの。

 

ここで激しくウソを追及したり怒ったりすると成長的に逆効果になると良く聞くので、慎重に追跡します(`・ω・´)

とは言え、どうしたものか…

 

長女を叱る時とはまたちょっと違う難しさ。

フフフ、さて次女よ。

どうする??

 


…トイレに行くようです。

 

これは我が家あるあるなのですが、うちの子たちは都合が悪くなるとトイレに逃げ込みます。

長女もず~っとそうでした。

…流石に最近はしませんけどね。

 

トイレに行って場の空気を整えることでマズい空気を一旦変えようとするんですよね(;´∀`)

ただし、今回はどうやらそれの更に発展系のようで…。

 


トイレに行くと言いつつ、実際は嫁さんの元に向かっていました。

…次女さん、声がでかいのでバレバレなんです。

全部筒抜けw

 

んで、実際にはまだお話してなかったママにここで説明してウソのやりくりをしようとしているのでした。

…やれやれ。

 


で、こうなります。

 

ママに説明してなかったことが僕にバレて、トイレに行くと言いつつリビングに行き慌てて説明していた次女さん。

でもその時背後に僕の声、逃れられないバレてしまった現実。

 

次女さん、ようやくここで降参です(;^ω^)

 

ここからはそんなにガミガミは怒りませんでしたけどね。

ただ過去の長女の時にも言いましたが、親ってのは子どものちょっとした普段との違い(反応・仕草)で嘘ついてるって大体分かっちゃうんですよね。

だから、嘘をついても意味がないこと・嘘の良くない理由なんかをゆっくり丁寧に説明しておきました。

 

…次女、泣かなかったけど神妙な面持ちで聞いていたから何かしら心には響いているのだと思います(*´艸`*)

 

僕も子どもの頃はやはり嘘を沢山ついていましたからね、うちの母親も苦労したんだと思います。

親になって分かる親の苦労ってヤツですかね、叱るのも怒るのもホント大変です。

 


で、お話が終わり一緒に寝室に向かっていたのですが

その時に次女が

 

 

 

 

こんな…こと、を(“゚д゚)

 

 

 

いや。

いやいやいやいや…!!

 

 

 

 

それはアウトです( ノД`)

 

 

 

怒るのだってエネルギー使う上に、そんな胸にグサッとくる言葉やめてくれ(;´Д`)

この次女のセリフに僕の感情を全て持っていかれてしまいました。

 

まぁ、ガミガミ言うのはもうちょっと減らさないとね(^^;

しかし、この言葉はズルいわぁ…本気でグサッと来るもんなぁ。。。

 

以上、パパの懺悔シリーズ…完結!!

コメント