【九州・大分県の道の駅】車中泊in宇目!!【全国車中泊おすすめスポット紹介/国道326号線の道の駅】

全国の車中泊スポットを紹介!!
★きょうだい児(障がい者の兄弟)で何が悪い!?シリーズ 画像クリックで進みます。
★僕の病状や入院等で急に掲載がストップすることがあります。その時はゴメンナサイ…。 画像クリックで進みます。
その他カテゴリー一覧はこちらからどうぞ。
スポンサーリンク

【車中泊】道の駅宇目(大分県佐伯市)に行ってみた!!

こちらの道の駅には2017年7月などに訪れました。
この時点では車中泊禁止との情報は出ておりません。

 

この時の旅はまだ記事にしていません。

時を追って記事にします。それ以外の旅行記をこちら↑↑↑に纏めてありますので、併せてご覧下さい。

 

詳細データ

どこにある道の駅?

道の駅宇目(みちのえき うめ)は、大分県佐伯市にある国道326号の道の駅。
2019年にリニューアルした、北川ダム湖と唄げんか大橋を望む山の中のカフェ風になっている道の駅である。

標高・登録年・住所・電話番号

標高:約190m
登録年:1995年登録
住所:〒879-3302 大分県佐伯市宇目大字南田原2513−5
電話番号:0972-54-3090
営業時間:10時00分~17時00分
定休日:

スタンプ・Wi-Fi・温泉等の施設情報

設備名有無
スタンプラリー用スタンプ
Wi-Fi
食事処
ショップ
ドッグラン×
宿泊施設×
電気自動車充電施設
道の駅きっぷ
足湯×
温泉・入浴施設×

※記事作成時点での情報です。ご了承ください。

 

その他施設&実際の写真

  • 公衆電話
  • 公衆FAX
  • 売店・レストラン「レストハウスうめりあ」 (8:30 – 18:00)
  • 情報コーナー
  • 自動販売機
  • キャンプ場 うめ家族キャンプ場(バンガロー17棟 ログハウス1棟など)

 

スポンサーリンク

トイレ

【トイレ】
男:大4・小8
女:6
身障者用:1

 

駐車場&車中泊情報

【駐車場】
普通車:138台
大型車:12台
身障者用:5台

駐車場は最近の道の駅と比較すると同じ位かやや広い方だと思います。
ただ、大型車のスペースが12台と少ないので、その点には留意すべきかもしれません。

騒音に関してですが、幹線道路沿いではあるものの交通量の関係で夜間はあまり気にならないレベルだと認識しました。静かな方だと思います。

街灯の数はきちんとあり、たまり場にもなっているという情報もない様子なので安心レベルは並み以上だと思いました。

 

立地道路情報:国道326号線とは

国道326号は、宮崎県延岡市から大分県豊後大野市に至る一般国道。

以前は川の上流や渓谷に沿って建設していたため、幅員が狭く1車線の狭隘な道路が続き、離合が困難な箇所が多かった。
1980年代から道路の拡幅やバイパス道路整備などの道路改良が行われ、1998年の桑の原トンネルの開通をもって全線2車線となった。この道路改良により国道10号宗太郎越と時間距離が逆転したため、以後一般道路で大分市方面と宮崎県間を結ぶメインルートとして実質的に国道10号のバイパスの役目を果たしている。

 

近隣のコンビニ&温泉・銭湯情報

コンビニはあるのか

 

25キロ以内にあります

 

執筆時点で”ローソン 三重総合高校前店、〒879-7131 大分県豊後大野市三重町市場 字広石857‐1”が一番近くにありますね。

正直かなり遠いのですが、この区間は国道326号線にしても並走する国道10号線にしても割と標高の高い区間を走るルートとなります。
国道10号線なんかは延岡を超えて北上する場合、佐伯につくまでは峠がメインともなるような場所なので仕方がないのですけどね。

今でこそ開通した東九州道があるので時間短縮しましたが、昔は大分から宮崎へと向かうのは時間がかかりすぎるので避ける人が多かったです。それ故に宮崎は陸の孤島なんて言われていましたけどね。
個人的には宮崎県はすごく素敵だし、そもそもこのようなルートは大好きなのですが(笑)

 

温泉や銭湯はあるのか

 

11キロ以内にあります

 

執筆時点では”藤河内湯~とぴあ、〒879-3402 大分県佐伯市宇目大字木浦内”という施設が一番近くにあります。

コンビニがない分、逆に銭湯はいくつかあるようです。さすが大分県ですねぇ。

この辺りの銭湯や温泉にはまだ行ったことがないのでちょっと気になります。

 

公式サイトのリンクを貼っておきますので、どうぞ参考にされて下さい。

 

スポンサーリンク

周辺の観光スポット

下記のほか、唄げんか大橋なども賑わっています。

トトロの森(大分県佐伯市)

「ととろ」は大分県佐伯市宇目に実在する地名。かつて”猫バスの里”として一躍脚光を浴びたととろのバス停は、実際に路線バスが停まるバス停だった。現在では路線廃止に伴い、佐伯市のコミニティバスのバス停となっている。
ととろのバス停から少し離れた場所に、「ととろの森」がある。その規模は小さいながらも、あのジブリの世界のようになっていてとても心が癒される。

 

普光寺磨崖仏(大分県豊後大野市)

普光寺磨崖仏(ふこうじまがいぶつ)は、大分県豊後大野市朝地町上尾塚の普光寺境内にある鎌倉時代の磨崖仏。大分県の史跡に指定されている。高さ11.4mと、大分県内最大で、日本国内でも最大級の磨崖仏である不動明王像を中心に、両脇に矜羯羅童子、制吒迦童子像が配されている。

 

スポンサーリンク

まとめ

以上、道の駅宇目 でした。
いかがだったでしょうか。

駐車場は普通かやや広めで夜間はかなり静か、コンビニはかなり遠いが温泉はすぐそばにある…車中泊者にとっては利用しやすい方の道の駅ではないでしょうか。

なお、この記事は道の駅での車中泊や旅での事故・事件などには一切関与いたしません。
行かれる方は必ず事前に最新の情報を調べ、自己責任で行動をされて下さい。
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、営業時間・店休日など変更となっている場合がありますのでご注意ください。

 

公式サイトも是非参照にされて下さいね。

 

今回の記事は以上です!
それでは良い旅を…!!

九州地方と大分県の道の駅

↑↑↑それぞれ画像クリックで進みます。

道の駅情報のほかに温泉や旅記事などもこのカテゴリーから読むことができます。

 

次のページには”道の駅での車中泊についての注意事項””新型コロナウイルスを含む社会人としてのマナー問題””このブログでのルール”等を記していますので、是非合わせてご覧下さいね!!

コメント