親子の本気の戦いを見た。

次女ワールド(育児マンガ)
★きょうだい児(障がい者の兄弟)で何が悪い!?シリーズ★

筆者のエッセイ漫画。幼少期から大人になるまでの体験談を不定期で更新しています。

オブラートに包み隠さず描く中々に人の闇が目立つお話ですが、多くの方に知って欲しいので是非読んでみて下さい。

 
 

 

寝室でのプロレスごっこ:前編!

最近寝る前に…わが家の寝室ではバトルが勃発します。

 

今更ですが次女さんすごく暴れるんです。
もうその姿はまるで男の子で( ̄。 ̄;)

 

ほら、この年頃の男の子達って戦いごっことか好きじゃないですか。
あんな感じなんですよね。

 

んでまぁ、当然ながら僕もきちんと応戦するわけで。

 

僕はこういうの、本気で付き合っちゃうタイプです。

というわけで…

 

全力でかかって…来い!!

今回は本当に久しぶりですが、わが家での戦いもののお話です。

 

ちょいと枚数が多いので、一気にいきます。
(それでも足りなくて前後編になってしまいましたが)

 

飛びかかってくる次女。

 

パパ
パパ

ここで僕は『うわぁ~やられたー』なんて言いません。

 

それはそれは華麗に交わします。

次女は勢い余って布団に墜落していきましたが、着地と同時にくるりと旋回してまた僕の方へ。

 

そしてまた飛びかかってきながら、今度は併せて渾身の連打!

 

しかし…

一撃一撃が軽い!!

 

勿論全て綺麗に受け流し。

 

ノーダメージ、

ノーヒット!

 

その後も凄い顔をしながら、ずーっとパンチを浴びせてきましたが…

ふふん。

 

パパ
パパ

ここで僕は『うわぁ~やられたー』なんて言わねぇの

 

なんせ僕も日頃からキミに鍛えられているからね。
この程度では何ともないわい。

 

と、ここで…

僕が次女との戦闘前からしていたドラクエ11のバトルが終了したようです。

 

あのバトルの終わりを告げる音が聞こえてきました。

しかも…

 

主人公のレベルが1上がりました。

 

ふふ、主人公のHPとMPが回復。
これでまた暫くは【ガンガンいこうぜ】で半オートで戦えますね。

次の戦闘の準備をしてっと。

そんなこんなでゲームを少し操作していたのですが…

 

スポンサーリンク

チャンス。

多分この時この人はこんな心境だったと思います。

この後僕の身に何かが…(;゚д゚)

 

続きは後編にてお送り致します。

コメント