日本で1番大きな湖のほとりにある道の駅…と、昭和と平成のギャップのお話【大阪・兵庫・鳥取車中泊の旅:3日目その1】

大阪・兵庫・鳥取車中泊の旅

今回の旅記事【大阪・兵庫・鳥取車中泊の旅】の一覧はこちら↑↑↑です。

 

 
 

 

日本で一番大きな湖にある道の駅

京都府の道の駅を出発して国道…いや酷道を駆使しようやくたどり着いたのはこちら。

 

道の駅びわ湖大橋米プラザです。

ついに滋賀県までやってきました。

 

パパ
パパ

福岡県からおよそ600キロ…遠かった

 

深夜に辿り着き、静かな環境の中で車中泊。

そして朝目覚めたのは…

 

午前7時!!!

 

朝靄のびわ湖

 

パパ
パパ

お前は朝遅くまで寝るということを知らんのか。

次女
次女

ふんふんふ~ん♪

 

あ、因みにこちらの道の駅では朝市を盛大に行っている模様。

僕はトイレ付近に車を停めて車中泊をしましたが、朝からかなり賑やかになるので注意した方が良いかもしれません。

 

下手したら邪魔になりかねないので車は離れた位置に停めた方が無難かもしれませんね。

 

ていうか、この日は霧がすごかったです。

なんか…凄く幻想的。

 

霧が出る日は晴れると言いますからね。

とりあえず車に戻って起きる仕度をしましょう。

あと、この時間も幸せに熟睡している長女をそろそろ起こすとしますか。

 

…羨ましいヤツめ(;^ω^)

 

本日も快晴なり!!

道の駅内でパンを買ってテラスで朝ごはん。

 

いや~、快晴です。

すこぶる天気が良い。

 

僕は雨男だけど長女がかなりの晴れ女らしいのです。

”私が一緒だと大体晴れるから心配いらん”とは彼女の決め台詞。

 

 

生まれて初めてのびわ湖。

素晴らしいロケーションの中しっかりと満喫できました。

 

で、道の駅2階にも何やら遊べそうなところがあるみたいなので行ってみます。

 

子どもが楽しめるスペースも沢山!

 

階段を上がると展示スペースが。

びわ湖のこれまでが分かる上にちょっとした休憩もできます。

魚好きな人にもたまらないのではないでしょうか。

 

2階デッキには展望スペースもありました。

 

びわ湖がぐるっと一望できますよ。

てかこんなに大きいんですね、びっくりです。

風で波もたつし、パッと見海にしか見えないかも。

 

今のところ(2019年4月現在)滋賀県での観光はこちらだけ。

他にも見どころがかなり沢山あると伺っておりますので、時間を作ってゆっくりと訪れたいと思います。

 

今の若い子は電話機を知らない問題

昭和生まれには見ただけですぐに分かるこちらの電話機。

 

これは育児ブログの方にも当時書きましたが、なんとうちの子ども達…

 

長女
長女

ちょ…え?ナニコレ電話なん??

次女
次女

え、電話?これが??どうやってかけるん!?

パパ
パパ

ウソだろおい

平成生まれにはこれが何かすぐには分からないらしい。

マジか…これが分からんならカセットテープとかもう意味不明だろうなw

 

もうじき令和元年になりますが、令和生まれの子は遠い未来にこの電話を見たら何て思うんだろう。

昔は当たり前だったのになぁ~、年を感じるなぁ~:(;゙゚”ω゚”):

 

さて、時間はもう10時半。

そろそろ次の目的地に向かいましょう。

お次は京都府に戻ります!!

コメント

  1. marimo より:

    そそ、スマホの画面は使えるのに、ダイヤル電話使えないんだよね^^;

    話によると、ダイヤルの穴の中を一生懸命指でプッシュするんだとか(笑)
    自宅に電話することも無いだろうし、ほんとジェネレーションギャップやわ~~~

  2. 坂木 より:

    昭和の時代、このあたりには『琵琶湖タワー』という展望タワーを備えたドライブイン兼遊園地がありました。電話もそのころのものでしょうかね…懐かしいです。

  3. ビー玉 より:

    昭和生まれなのでもちろんダイヤルは回せますが、大学生バイトの子に昔はダイヤルを回していたんだよ〜っていったら電話機を回すんですか?って驚いてたw 電話機は回さないんだけどねぇwww

  4. そうか…ピン電わからんか。。。(  ̄っ ̄)ムゥ