中学受験で崩壊した家庭を取り戻せ。その2~長女の中学受験奮闘記【CASE12】~

長女の中学受験奮闘記
★きょうだい児(障がい者の兄弟)で何が悪い!?シリーズ
クリックで進みます。
その他カテゴリー一覧はこちらからどうぞ。
スポンサーリンク

長女中学受験のあらすじ


↑クリックで一覧ページに進みます。

2018年1月…自宅でのおよそ半年間の家庭学習を経てどうにか受験を突破した長女さん。

ほぼ塾なしの家庭学習メインで臨んだ中学受験。無謀な挑戦ではありました(笑)が、得られるものもとても多かった半年間でした。

 

その他育児エッセイマンガの一覧


↑クリックで育児マンガ一覧ページへ!!

↑クリックで長女のお話一覧ページへ!!

 

ウーマンエキサイト版

2019年4月から連載したウーマンエキサイト版の中学受験シリーズはこちらから読めます。
(連載の記事一覧ページです)

FC2ブログ版(受験シリーズ1弾)は短かった上に数年後には掲載が消滅すると思いますが、こちらは多分残ると思いますので。
気になる方は併せてご覧下さい。

 

スポンサーリンク

中学受験で崩壊した家庭を取り戻せ。その2

 

 

 

中途半端に終わってしまった前回からの続きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この頃鬼滅の刃が流行っていたら多分”全集中”って言ってたと思う(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うちの長女さん、どうにもダラダラと長い時間勉強するクセがあるんですよね。

 

だけど途中で集中力が途切れてしまう。

そうこうしていると、つい他のこと考えてしまう。

その結果、更に勉強の終わる時間が遅くなる。

本人は疲れ果てるし、その後遊ぶ時間もなくなってイライラ。

で、こうなるとそれに付き合っている僕もイライラし始めるんです。
そして、先程書いたように…

 

 

 

歯車が狂っていってしまうんです。

 

 

 

僕が思う長女の無駄な動作の時間。

それは長女にとっては無駄ではないとは思います。
ただ、今は分からないかもしれないけど、今回だけは僕の言う通りにしてみて欲しい。
そうお願いして動いてもらうことにしました。

無駄な時間とは言わずとも、遠回りして得られる物・気付けるものも沢山あると思います。
でも、今はその遠回りの道中を楽しめる時ではない、そう思ったんです。

 

途中まであまり納得の出来ていない長女でしたが、理由を説明し、どうにかやる気を出してくれました。

 

人の集中できる時間は聞くところによると60~90分。
で、実際の試験では適性検査や作文は45分らしいので、日々の勉強時間はそれに併せて1日45分間のみに限定。
その後僕が答え合わせをして解説する時間を15分間として併せて60分でおしまいということにしました。

 

スポンサーリンク

大切なことは…。

間違えた部分は翌日に再度行い、反復して暗記。
この流れをセットにして受験直前まで行い、過去の適性検査と作文の問題を全てをこなすことにしました。

そしてこれらの流れによって僕も長女も極力イライラしない(勿論それでも多少はしますが)、家庭内の雰囲気にもそこまで支障を来さないようにしました。

 

…実はこれ、僕が職場で上司によく言われていたことなんですよね(笑)
仕事をする時は無駄を省いて短時間集中、でも抜くところはきちんと抜け!って。
まさかこんなところで役に立つとは。

 

ホント僕と長女は性格が似ています。
でもそのお陰で問題解決にたどり着くのが早かったかな…

 

しかし、これで終わりではありません。
もう1手。最後の1手がないと、これでも潰れます。

その模様は次回。次回も出来るだけ早めに書きます。

 


最初から読む時はこちら↑↑↑をクリック!

コメント

  1. ( ゚д゚)ウム どうなってゆくのか楽しみ。