【九州1周車中泊の旅】深夜、本土最南端の佐多岬に到着。【その4】

九州1周車中泊の旅2018・12月
★きょうだい児(障がい者の兄弟)で何が悪い!?シリーズ
クリックで進みます。
★僕の病状や入院等で急に掲載がストップすることがあります。その時はゴメンナサイ…。
画像クリックで進みます。
その他カテゴリー一覧はこちらからどうぞ。

12月14日(金)23時30分、宮崎市を出発。

 

 

長女
長女

…おぉ、きれいやん!!

パパ
パパ

ホントね。もうすぐクリスマスやもんなぁ。

パパ
パパ

って、イヤイヤ。それどころじゃないんて。もう日付が変わっちまう!!

…先を急ぎます。

 

スポンサーリンク

深夜、ようやく鹿児島県に突入。

宮崎市周辺は至る所にイルミネーションが飾られていてきれいだったんですけどね、いよいよ時間がなくなってきたのでどんどん進むことにします。

 

いざ宮崎IC(インターチェンジ)から宮崎自動車道へ!

 

宮崎自動車の都城ICで下車して再び国道10号線を南下。

都城市を超えるともうそこは鹿児島県です。

 

で、鹿児島県曽於市にある東九州自動車道の末吉財部ICから再び高速道路へ。
ここからは無料区間を南下することになります。

この時0時30分。
どんどんどんどん南下です。
長女はとなりでひたすらゲームをしていた模様w

羽を伸ばしまくっておるなwww

 

遂に見えてきた本土最南端。

 

パパ
パパ

おぉ…あの看板は!!!

 

深夜2時過ぎ、遂に…遂に最南端である佐多岬の文字が見えてきました。
あと20数キロで到着!!

そして。

 

 

 

2時30分、北緯31度線にある展望広場に到着しました。
いや~、長かった。久々にかなりしんどかったですね。

因みにこの時長女はうたた寝をしていたので写真は全て僕が撮ったものです。
一応前後の車を確認して(全然いなかったけどw)車を停車してウインカーをあげた上で撮影しておりますので。あしからず。

 

暗闇の中、流れる星々。

そんでもってこの日は実は流星群が発生していた時なんですよね。
ふたご座流星群が極大を迎えていた時で、走っていると上から地面に向けて次々に流れ星が落ちるんです。
数分に1度流れるのでそれはもう見事でしたよ。

 

で、佐多岬に到着してから長女と暫く外で眺めていたのですがやっぱり凄くて。
頑張って写真におさめようと粘ってみましたが…

 

 

パパ
パパ

ダメだ、全然撮れねぇ!!!

 

シャッタースピードを長くしてもピントを合わせ切らないし、専用のレンズも用意してないし…

まだまだ星空は特に修行不足ですw

 

このサイトの写真のようにいつかはきちんと撮ってみたいものですね。

 

スポンサーリンク

佐多岬の日の出。

暗闇の中車を寝室使用にチェンジして、確か3時30分には寝たと思います。

そして7時。

 

外からの光で目が覚めたのでちょっと窓の外にスマホだけ出して撮影してみることにしました。

 

隙間から入ってくる光がかなり赤くて絶景な予感がしたんですよね。
でも起きる気力がなかったので手を動かすのが精いっぱいでした。

 

こちらがその様子。

…うん、きれいだ。
…。

おやすみなさい。

 

流石に疲れは全く取れていませんでした。
この後予定の時間より大幅に遅れて目覚めたのは言うまでもありませんw
そんなわけで2日目の予定も初っ端から大きく崩れることになりますが、まぁ…それをどうにかするのも旅の醍醐味でしょう(たぶん)

 

次回の記事は本土最南端の佐多岬を中心に次の場所までをお送りします。
佐多岬に関しては過去に4回ほど訪れているので、その写真も掲載出来ればと思っています。

 

それでは、ここまで読んで頂きありがとうございました!

 

九州地方の旅一覧ページはこちら↑↑↑をクリック!!

コメント

  1. かぼす より:

    夜の写真が続いてからの朝の風景写真はやっぱいいですね~♪
    でも都心に比べて夜が深いのもわかるので、真っ暗な写真も案外いいのかも、なんてそんなことを色々思いました(*´ω`)