中国・関西地方車中泊の旅:2018秋【2日目その4:京都の酷道、477号線の苦い思い出を回避せよ】

中国・関西車中泊の旅2018・10月
中国・関西車中泊の旅2018・10月
2018年10月5日の夜から9日にかけて次女と2人で関西方面に車中泊の旅に出ました。 主な立ち寄り地点は広島県・岡山県・京都府・大阪府・和歌山県。 以前お会いした大阪のブロガーさんとも再開を果たした素敵な旅です。 どうぞご覧ください(^^)v

今回の車中泊の旅の記事一覧はこちら↑からどうぞ~(*^^)v

 

2018年10月6日(土)の21時10分。

僕たちは道の駅スプリングスひよしを出発して次の地を目指しました。

いや~…素晴らしいすぎた道の駅でした。

 

さて、未だ夕ご飯を食べられていない僕ら。

そろそろご飯処を探さないと…

 

次女
次女

パパ~、私お腹が空いたんですけど~!!!

パパ
パパ

…分かる。

…早急に探します。

 

 
 

 

酷道はどうにかして避けたい!!

さて、この道の駅スプリングスひよし。

1年前にも来ているのですが、その時この場所から滋賀県に向かう時にえらい目にあっているんですよね(-_-;)

 

その時は行きがけ全て下道を走ったのですが、うちの…いや嫁さんの車のナビがとんでもない道を案内しやがってくれましてね(#^ω^)

 

最短ルートだったのかな?

そんな設定はしていないのですが、ほぼ東向きに突き進むルートを選択してくれたんですよ。

回り道を一切せずに。

 

しかしそこは山道。国道なのに激細の山道。

暗いしガードレールないし狭くて対向車来たらアウトだし。

 

 

ナビよ、何故この道を選んだし(;´Д`)

 

 

嫁さんの車は僕のよりも大きな軽自動車で設備も立派なのですが…

とにかくナビがポンコツなのです。

今まで何度とんでもないルートを走らされたことか(-_-;)

 

その道は国道477号線。

いや、酷道477と書くべきでしょう。

酷道とは国道の中でも走るのが酷な道という意味合いで使われることの多い造語です。

 

国道477号線とは

国道425号線・国道308号線と並んで近畿三大酷道と呼ばれることもあるこの国道477号線。

 

知らずに通った道ですが、あまりにとんでもない箇所があったので走っていて本気で焦ったものです。

この道の詳細を検索してみました。

 

国道477号(こくどう477ごう)は、三重県四日市市から大阪府池田市に至る一般国道。起点から北西に向かって鈴鹿山脈を越え、滋賀県近江八幡市の琵琶湖東岸付近では細かく右左折を繰り返す。琵琶湖を渡って京都府に入ると、京都市北部の山中を北に向かって大きく迂回し、南丹市や亀岡市を通過しながら南下して終点へ向かう。

また、京都府内の区間は酷道のひとつとしても知られており、洛北の杉林の中を縫うように走る退避場所の少ない離合困難な隘路や、鋭角カーブとなっている通「百井別れ」、極めて急でかつ舗装が劣悪な百井峠などがあるほか、八木駅(南丹市)付近では狭隘な駅前商店街を通過するなど、難路も多い。(ウィキペディアより抜粋)

 

パパ
パパ

ちょっと待て、結構な酷さじゃねーか

九州最恐の酷道と呼ばれる265号線(あの道は生涯通ることはもうありませんw)を不幸にも10代の頃に経験している僕ですが、この477号線もありえない道路でした。

 

このような1車線のガードレールもないような道が続きます。

僕が通行した時は幸い対向車は1台もなかったのですが、街灯も存在しない不気味な雰囲気の道路でたまったもんじゃなかったです。

そんな中で特に恐ろしかったのが…百井別れという場所です。

 

百井別れ(ももいわかれ)とは、京都府京都市左京区鞍馬にある国道477号と京都府道38号京都広河原美山線が分岐する交差点の通称。

国道477号は一見不可解なルート設定が散在するほか難所も多いため、酷道と評されているが、その中でも最大の難所がこの百井別れとその周辺の百井峠だと言われている百井別れは、切り返しのいる国道の交差点としてよく知られている。(ウィキペディアより抜粋)

 

その百井別というとんでもカーブがこちらです。

 

 

アホなのか(゚Д゚;)

 

 

前情報なしで暗闇の中ここを通りましたからね、軽自動車なのでなんとか切り返しましたがありえない程の鋭角に焦りを通り越して怒りの感情すら覚えましたよ(-“-;A

 

国道477号線、俗に酷道しなないでとも比喩されるこの道。

ここももう通りたくはないです(-_-;)

 

回避ルートを探りながら慎重に移動していると…?

そんな苦すぎる経験があるので同じルートは絶対に通りたくない僕。

 

高速道路を通れば一番早いのですが(それでも前記事で高速を降りたところから迷ったけどw)、この日の昼間から夕方にかけて既に予定よりも長めに高速を橋ってしまいましたからね^^;

予算の兼ね合いもあるのでここからは出来るだけ下道で進行したいのです。

 

パパ
パパ

何が何でも回避してやる。google先生とにらめっこだ。

次女
次女

お腹が~~空いた~んですけど~~~

パパ
パパ

もうちょい待ってくれ!!!

次女の為に急ぎたいですが、ここは心を鬼にして慎重に進みます。

少し進んでグーグルマップで検索、少し進んでまた検索…

 

途中何度か危ない方面にナビしかけましたが、どうにか切り抜けてとある町の方面に進むことができました。

…どうにもこの区間を下道で走る設定にするとあの国道を案内したくなるらしいw

 

何とか都会方面に行くことが出来ました。

良かった、今回はどうにかなりました(;´∀`)

 

さて…ごはん屋さん、ごはん屋さん。

この日の夕食はノープランになってしまったので、運転しながら次女とお店を探すことに。

 

次女
次女

あ、ハッピーセットのお店があるよ。

パパ
パパ

いや、昨日食べたやん。そしてその前の日も食べたやん。

パパ
パパ

あ、うどん屋さんがあるやん。うどんどうよ?

次女
次女

えーヤダ。うどんの気分じゃない。

パパ
パパ

マジかよ。お、こんどは牛丼…いや何か牛丼は朝の気分だな。

次女
次女

うん、他のがいい。

 

ぜんっぜん決まらない:(;゙゚”ω゚”):

 

 

そんな中、ふと看板が目に入って気になったお店がありました。

 

ラーメン屋さんの第一旭大井店

パパ
パパ

お…全く知らない名前のお店だけど、ラーメンだってよ?

次女
次女

いいやんラーメン。ラーメン屋さんにしようや!

この時の時間は22時。

遅い時間帯のせいか他のお客さんは全然いませんが、ようやく僕と次女の希望が一致したお店。

入らない理由がないので一気に入店して注文してみました。

 

普段は大体事前に調べて食べるお店を決めますけどね。

たまにはこんな感じで何も考えずに立ち寄るのも良いもんです。

 

で、こちらが僕の頼んだラーメン。

うん、匂いが結構きつい(笑)

 

でも僕はこれ位が好きだなぁ~、野性っぽい感じの匂い。

 

次女には小さいサイズのラーメンを。

次女も全然大丈夫そうでしたが、この野性っぽさは人を選ぶかもしれないですね。

 

あまりにお腹が空いていたのでこちらも頼んでしまいました。

 

ついつい食べすぎちゃったけど、うん…旨かった。

 

https://imachika.com/item/599bb45d23679c1b0a57d444/

帰ってからネットで評価を検索したらとんでもない評価でしたけどね(;^ω^)

低評価すぎてビビるw

 

う~ん。

確かに接客も店の中もそんな印象に残る物はなかったけど、そんなに悪くもない気がするけどなぁ。

 

そんな第一旭大井店の外観はこのような感じです。

公式ホームページはないみたいですね(^^;

 

住所は京都府亀岡市大井町並河熊田3−1です。

 

もう一息頑張る!!…ん?

ここまでの件がちょっと長くなり過ぎたので、この日の最終目的地まで書くことができませんでした(^^;)

 

さて、この時の時刻は22時30分。

ここから滋賀県の道の駅まで行くのか(-“-;A

まあもう一息ですね、頑張らなくては!

 

…。

 

 

…んん???

 

 

続く★

コメント

  1. …豚骨ラーメンかな?
    僕も匂いがキツイのはダメだなぁ。。。( ゚д゚)ウム

  2. shin より:

    ラーメン 食べログ
    低評価(笑)やったん?w
    とんこつが臭い やったんかな?(笑)
    ナビがポンコツは致命的やねw

  3. marimo より:

    酷道、あかんわ~。
    ほら私都会っ子やん(笑)片道1車線の中央分離帯がない道でもぶつかりそうでコワイねん><

    滋賀あたりってラーメン激戦区やねんけど、ここは…^^;
    夜だからすいていたのか、昼間でも、、、なのかもね☆