日本の果てを目指して、最西端の駅たびら平戸口と平戸城。【父子で車中泊!九州・長崎本土最西端の旅2日目その1】

九州・長崎本土最西端の旅2016

今回の車中泊記事一覧はこちらからどうぞ~(*^^)v

 

さて2日目、この日は2016年3月19日(土)。

道の駅松浦海のふるさと館にて車中泊をしていた僕たちは、朝7時に(次女によって無理やり起こされて)起床し洗面・トイレ・朝ごはんを済ませてから次の目的地を目指して出発したのでした。

 

 
 

 

日本最西端の駅、たびら平戸口

今回はとにかく日本の西の端を満喫する旅。

まずは日本で一番西にある鉄道駅を目指します。

 

道の駅から車でおよそ30分。

うん、道の駅松浦海のふるさと館は日本の西…平戸方面への観光の拠点に抜群な場所なんですよね。

 

で、9時にこちらに到着しました。

 

こちらはたびら平戸口のホームで撮影した写真。

次女が手に持っているのは…

 

これですね、記念スタンプ!

子どもはこういうの大好き、良い記念になります。

 

この駅ならではの楽しみ。

こちらの駅は日本最西端を謳っているだけあって上のスタンプ以外にも様々な楽しみを用意してくれているんです。

 

まずは最西端の碑。

この駅に来たらまず皆さんこちらの前で撮影していますね。

 

駅舎の中には一部が鉄道資料館となっており、営業時間内は無料で見学できます。

先程の記念スタンプもこの場所。

 

他にも鉄道模型のレイアウトや旧国鉄松浦線・松浦鉄道の列車や駅等の写真・旧国鉄松浦線の時刻表なんかも展示されています。

鉄道ファンにはたまらないのではないですか(*´艸`*)

写真がうまく残っていませんが、帽子を被って記念撮影もさせてくれましたよ!

 

ホームに出るとこのような看板も。

 

 

日本で一番西にある(鉄道)駅、こじんまりとしていますがサービス満点。

楽しかったですよ!

※2018年12月現在。今後変更になる可能性もありますが、この記事ではこのままにします。

 

駅の情報

 

住所:長崎県平戸市田平町山内免418-2

電話番号:0950-57-0024

営業時間内(9:00 – 18:00)は観光客の案内とカーブ上に位置している構内の安全確保のため、駅員が列車発着時にホーム上で放送案内を行う。

日中営業の売店がある。不定休。トイレは駅舎の外にある。(ウィキペディアより参照)

 

さて、この時の時刻は9時20分。

この辺りにはまだ他にも観光スポットがあるので、本土最西端を目指す合間にちょいと立ち寄っていこうと思います。

 

そんで訪れたのがこちら。

 

平戸城内を散策!

平戸城(址)です。

 

これまた先程の場所からかなり近いですね、わずか10分で到着~!

 

駐車場を降りると暫く階段が続きます。

 

長い…割と、いや結構長い(;^ω^)

 

次女
次女

何してるのよ~、早くあがりますよ!!

長女
長女

いや待って…これ結構きついってば。

パパ
パパ

…お、同じく。

この時次女は3才・長女10才、僕は33才。

最年少の次女は飛び切り元気で飛び回っていました。

 

俺らは…もうちょい運動せんといかんな(-“-;A

 

別角度から。

どうにもこちらのお城は長い歴史の中で解体や復興を繰り返しているらしく、平戸城址と現平戸城があるみたいなんですよね。

歴史に詳しい方や興味のある方は是非公式サイト等で調べて下さい。

 

敷地自体はそこまで広大ではないので気軽に散策を楽しめる感じです。

(でも階段は僕たちには長かったけどw)

 

入館料を払って建物内部を散策しているとこのような場所が。

そう、この時は3月でしたからね!

当時の次女さんは興味津々で眺めていました。

その他様々な展示(鐶頭の太刀や遣唐使船などの模型や説明などなど)を楽しみながら最上階を目指すと…

 

目の前に広がる気持ち良い景色。

抜群の景観が現れます。

 

 

最高のロケーションですね。

先程まで滞在していたたびら平戸口駅方面もバッチリと見えます。

 

ここは子ども達は大喜びで眺めていました。

やっぱりこういう壮大な景色は子どもも大人も好きですよね(*^^)

たっぷりと1時間近く滞在していたと思います。

 

他にもお城から一旦外に出ても敷地内には他にも散策ポイントが沢山!

散歩がてらに訪れても良いのではないでしょうか。

 

お城の情報

 

住所:長崎県平戸市岩の上町1458

電話番号:0950-22-2201

営業時間:8時30分~17時30分

入館料金:大人510円・高校生300円・小中学生200円※各種割引あり

休館日:12月30・31日

駐車場:無料

 

さらに西へ。日本の果てを目指して。

さて、この日もいつもの旅と同じく濃厚なハードスケジュール。

面積の小さい長崎県ですが、その中をぐるんぐるんと周り続けます。

 

この後向かうのは平戸市の北側!

文字通り果てまで突き進みます!!

 

その模様はまた次回です。

それでは(*^^)v

コメント

  1. shin より:

    あ、お姉ちゃん小さいな!
    て思ったらだいぶ前なんやね^ – ^
    お姉ちゃん身長伸びたな(そこ笑笑)

  2. 松千代 より:

    こんにちは。

    松千代です。
    写真付き、googleマップ付きで臨場感が溢れていますね。とてもワクワクしながら拝見することができました。とても参考になります。
    そして、子供の写真は良いですね。なんだか、心に響きます。
    また、訪問させていただきます。

  3. Nick Ollie より:

    2人ともまだちっちゃいね。
    お揃いのフリースがなんともかわゆいです。

    絵がたくさんのブログもたのしいけど、
    こうやって写真がたくさんある旅の記録は
    分かりやすいね。
    そして家族の思い出の記録にもなって
    とってもいいと思います。

  4. marimo より:

    次女ちゃん、ちっちゃい!
    長女ちゃんの髪が長い~~~( ´艸`)
    歴史やな☆

    そうそう、ああいう記念スタンプってどこかに残したりしてる??
    うちはそこまで旅にいかないから、満足したら捨てちゃうんだけど^^;