【山陰山陽車中泊の旅】山口県のトトロの森に到着~重源の郷~【その3】

全日どしゃぶりの山陰山陽車中泊の旅2019
その他カテゴリー一覧はこちらからどうぞ。

今回の旅行記、”全日どしゃぶりの山陰山陽車中泊の旅2019!!”編の一覧はこちら↑↑↑からです!

 

その他人気シリーズ↓↓↓も良ければ併せてどうぞ~!

山口県のトトロの森…?

さて、山口市の中でも北部の方にやって来ました。

段々と景色が僕の好きな田舎風景へと変わっていきます。

 

雨上がりの田舎道。いいですね、雰囲気が抜群です。

うちのジブリ好きのスタッフが見たらトトロが出てきそうとか言いそう(笑)

 

で、坂を登ったり道が狭くなったりと、この道大丈夫なのか?と不安に進んでいたら今回の目的地へと到着しました。

天気が悪かったので他にお客さんはいませんでしたが、その分贅沢に満喫できそうです。

因みにこちらは紅葉スポットになっているので、どちらかというと秋に観光客が集中するみたいですね。

 

8月19日13時 重源の郷に到着!

入場料は僕と次女で800円。

例の”お国じまんカードラリー”のカードを目的に来たので、さっとカードだけ貰って帰るのもありなのですが、せっかくなので散策も楽しみたいと思います。

 

…というか、カードの設置場所が有料エリアにあるという鬼畜使用(笑)

ま、諸事情色々とあると思うので、ここではこれ以上書きません。

 

敷地内はバスで移動

地図で見る限り、内部はかなり広く移動のメインはバスとなる様子です。

徒歩でも可能だとは思いますが、僕たちは迷わずバスを選択。

 

この日は売店の人に声をかけると数分後にバスが駆けつけてくれました。

運転手はおそらく敷地内で働いているであろうおばちゃん。

食べ物販売か何か、他の業務をしつつ運転も兼任しているように見えました。大変だ…。

 

可愛らしい車内。

 

10人乗り以上だったので僕の所持している中型免許では運転できないタイプ。

多分晴れの日や休日などはこの規模のバスじゃないと間に合わないくらいのお客さんが来るのでしょう。

 

乗り物大好きな次女さん。

でも道がガタガタで結構揺れるので手すりを持つ手に力が入ってます(笑)

 

因みにバスは入場料に含まれているようで追加でお金は発生しませんでした。

※2019年時点の情報ですので、気になる方は公式サイトで調べて下さい。

さて、それでは園内散策と行きますか!

 

スポンサーリンク

お国じまんカードラリー

バスで移動すること数分。

短い道中でしたが結構ガタガタの道路でびっくり、そしてそれを難なく運転する運転手さんにもびっくり(笑)

中々の腕前だったな…。

 

で、こちらには上でも書いたように”お国じまんカードラリー”のカードを入手するために下車しました。

 

よし、無事にゲットです。

せめて入口の外に設置して欲しいなと思うところですが、たぶん紅葉の時期以外は経営がやや厳しいんじゃないかな。

(でも2022年にまた調べてみましたが、まだ元気に経営を続けられていました。良かった。)

 

この建物では様々な民芸品を扱っているようです。

風情があってよいですね~。

 

で、無事にカードもゲットしたのでこれで帰ってもよいのですが、せっかく(入場料も払って)ここまでやってきたのでちょいと散策です。

 

スポンサーリンク

まるでトトロ…ジブリの世界

この辺はまだ和風な建物があるのでトトロというより千と千尋のほうが近い感じもするのですが。

そこからだんだんと奥に進んで行くと…

 

 

パパ
パパ

いやあ…いいなここ。雰囲気最高じゃんか!

パパ
パパ

そう思わんか?…ん??

次女
次女

私はね、あっちに行きたいのよ。

 

 

次女
次女

こっちですね、この先に進みます。

パパ
パパ

ど…どうしたんだ一体!?

 

 

次女
次女

お腹がすいたのでここでご飯食べましょ!!

パパ
パパ

そういうことかよw何かと思ったわ!!

 

花より団子状態の次女さんなのでした(笑)

というわけで、ここで昼食タイムです。

 

食事処も雰囲気が半端ない…!

 

パパ
パパ

うおう…すげえ!!

 

こんなの本やテレビでしか見たことない!!

僕のばあちゃんちはかなりの田舎にあったんだけど、さすがにここまでの物はなかったですね。

これはちょっと撮影心をくすぐります。

 

メニュー結構豊富です

結構メニューが豊富ですね。

でもこういうところに来ると個人的にはソバやうどんが食べたくなっちゃう!

 

なので僕は山菜うどん。

子どものころから田舎に行くと山菜が食べたくなっちゃうんです。

 

次女はカツカレー。

この年で完食してしまうのだから末恐ろしいです(笑)

 

というわけで、風情抜群な食事処でした。

 

さて、時刻は14時を超えてしまいました。

まだまだ旅は初日なので移動を続けなくてはいけません。

 

そろそろ場所を移そうと思います。

 

スポンサーリンク

さようなら重源の郷 北を目指して進みます

食事処すぐそばのバス停。

この日はほぼ貸し切り状態だったので電話をして運転手さんに来てもらいました。

 

そして再び険しい道なりを数分走ってもらいまして、重源の郷を後にします。

山中にあるので中々来れませんが、次は紅葉の時期に来てみたい場所ですね。

 

そこから北上すること、およそ1時間。

次の目的地は道の駅むいかいち!!

 

それでは今回のお話はここまでです。

ここまで読んで頂きありがとうございました!

 

中国地方の旅一覧とお話の続きはこちらから!

中国地方の旅一覧ページはこちら↑↑↑をクリック!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました