【山陰山陽車中泊の旅】旅の終わりと、コロナ禍での車中泊について~山口県~【その14】

全日どしゃぶりの山陰山陽車中泊の旅2019
★きょうだい児(障がい者の兄弟)で何が悪い!?シリーズ 画像クリックで進みます。
★僕の病状や入院等で急に掲載がストップすることがあります。その時はゴメンナサイ…。 画像クリックで進みます。
その他カテゴリー一覧はこちらからどうぞ。

特集ページ

全国の道の駅・サービスエリア・観光地・銭湯などの情報を県ごとに分けて掲載しています。

北海道北海道
東北青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県
関東茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部新潟県富山県石川県福井県山梨県長野県、岐阜県、静岡県愛知県三重県
近畿滋賀県京都府大阪府兵庫県、奈良県、和歌山県
中国鳥取県島根県岡山県広島県山口県
四国徳島県香川県愛媛県高知県
九州福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県、沖縄県

今回の旅行記、”全日どしゃぶりの山陰山陽車中泊の旅2019!!”編の一覧はこちら↑↑↑からです!

 

その他人気シリーズ↓↓↓も良ければ併せてどうぞ~!

天然温泉みちしおへ

さて、時は2019年8月21日(水)18時30分。

場所は山口県山陽小野田市にあるドライブインみちしお。

 

ここで名物の貝汁を食べたり…

 

スクラッチで次女が安定の結果を出したりしましたが、そろそろ今回の旅もおしまいです。

で、最後に温泉に入ってさっぱりしてから帰宅することにします。

 

こちらは敷地内に温泉があるのでとにかくトラックの運ちゃんを中心に様々な人から人気のある場所なんですよね。

その意味もすごく分かります。

では、ドライブインみちしおから裏側の温泉まで移動してみましょう。

 

なんとなく古臭い(良い意味で)雰囲気。

食べ物屋さんもそうですが、建物が古いのに人がたくさん訪れるのは中身の良い証拠。

期待値高めで中に入ります。

 

料金はしっぴち時点で大人800円・小学生は350円。

うんうん、露天風呂もあるしこんなもんではないでしょうか。

 

広さも十分、休憩室でのんびりできるし駐車場も広大で無料!

内部は写真に撮れませんが中々良い温泉でした。

8時から24時までの長時間営業というのもありがたいポイントですね~。

 

気になる方は公式サイトにて詳細を見て頂くとして、そろそろ出発するとしましょう。

 

スポンサーリンク

旅のおわり、そして次回

さてさて、温泉のおかげで気持ちよく帰宅することができます。

ここからは高速道路に乗って一気に福岡県へと帰っていきます。

 

写真は次女さん撮影。

うーん、この頃のスマホカメラはまだ夜間モードが貧弱だったので写りがあまりよろしくないですね(笑)

加えて次女の撮影技術が…w

 

 

パパ
パパ

手が写ってるしな…てかどうやったらこう写るんだ

次女
次女

写真撮りながら橋に手をふってた~

パパ
パパ

なんでやねん

 

 

パパ
パパ

そしてもうこれは酷い!!!

 

これ以降、僕は運転しっぱなしだし次女の写真はまともなのが無かったので、これにて今回の旅行記は終了です。

いや~、しまらない最後になりましたが今回も楽しく旅をすることができました。

 

今回の全体ルートはこんな感じです。

僕の場合、普段は九州から四国や関西を目指す際にどうしても通過してしまいがちな中国地方ですが、久々にじっくりと堪能することができて楽しかったです。

特に岡山県はここまで満喫したことが今までになかったので非常に良い思い出になりました。

またいつかじっくりと訪れたいですね~。

 

実はこの旅行記、2019年の後半に2話までは公開していました。

しかしその後僕が入院したり世間がコロナ禍に陥ってしまい、このタイミングで旅行記を更新するのもどうかな…と思い、そこからは中断して道の駅やサービスエリア情報に切り替えて更新していました。

僕としては当時とても旅行なんかできる身体ではなかったので、せめて過去記事を更新することで旅行気分を味わえたらいいなと思っていましたが、世間からのバッシングが怖くて断念してしまいましたね(笑)

 

まぁ、代替えの道の駅やサービスエリア情報が驚くほどアクセス数を稼いでくれているので、なんか怪我の功名みたいになってて喜んでいるんですけどね。

今回のGWでのアクセス数はえげつなかった…

たぶんかなりの人が車中泊の旅に出かけたんでしょう。

今の状況であれば、密になりにくくリスクも高すぎない車中泊はありなのではないかな?と、思ったりもします。

…ま、あくまで自己責任にはなりますが。

 

僕自身は幸いまだコロナには感染していませんが、職場でうちのスタッフや利用者さんが感染して、色々あって利用者家族からうちの事業所は訴えられかけましたからね…。

感染経路などをしっかりと把握して全職員に検査を行ったり蔓延防止に努めたのでどうにか話は終結しましたが、なんかコロナによって人間の汚さを垣間見ることになっている気がします。

 

そんなこともあるので僕自身はまだコロナには警戒を続けないといけませんが、なんとなくこのまま世間には経済活動を回してほしいと思ったり…

動ける人は旅行も含めて動いてもらえたらなと思ったりします。

僕自身も身体の状態をみつつ、車中泊の旅くらいは行こうと思っていますし。

 

…こういう話はむずかしいですね、この辺にしときましょう(笑)

さて、次の旅行記は2019年に長女と行った四国・淡路島の内容になると思います。

ある程度最後まで記事が書ききれたら一気に更新しようと思いますので、また見て頂けたら幸いです。

それでは、ここまでご覧いただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク

中国地方の旅一覧とお話の続きはこちらから!

中国地方の旅一覧ページはこちら↑↑↑をクリック!!

コメント