入院から11か月経過、例の薬は先月比2倍に。ここが多分正念場。【伝染性単核球症闘病記、出来るだけ明るく描くシリーズ】

伝染性単核球症という病気で10日間入院
★きょうだい児(障がい者の兄弟)で何が悪い!?シリーズ
クリックで進みます。
★長女の中学受験シリーズ
間もなく最終回、クリックで進みます。
その他カテゴリー一覧はこちらからどうぞ。
スポンサーリンク

伝染性単核球症のこれまでのお話。

2020年3月の頭に調子を崩し、その後数週間続いた38度以上の熱。
新型コロナウイルス感染拡大の影響で病院を受診しても検査も何もできず。熱が出て10日以上経ってようやくPCR検査、2日後に陰性と分かりようやく前進するも時既に遅し…

大幅に悪化した挙句そのまま入院、なんとか退院できるも完治することはできずに大学病院で検査と治療を続けています。

 


↑↑↑そんなお話のシリーズ一覧はこちらから読むことが出来ます。
画像をクリックで進みます。

”伝染性単核球症”の検索から来られた方はよかったら併せてご覧下さい。
同様の病気の方の参考になれば幸いです。

 

1年も経ってしまったのだが。

パパ
パパ

伝染性単核球症の忘備録です。

自分の記録と同様の病気の方の参考になればと思い記事にしています。

パパ
パパ

2月も病院へと行ってきましたが、その前に…。

 

 

 

 

 

 

 

なんということでしょう。

最初に症状が現れた時から考えると、ついにそれから1年もの月日が経ってしまいました。
僕の中では完全にそこから世間とは分断されてしまってます。

 

この1年間を振り返ると本当にロクなことがない(笑)
自身もだし、偶然にも世間もだし。
入院中に世界中がコロナでえらいことになっているのをニュースで見ていたのはまだまだ最近のことのようだもんなぁ。

そんで僕が退院間際になって、志村けんさんが病院に運ばれたのを知って衝撃を受けたっけ。
あれから1年、早すぎる…。

 

まぁ、このところは日によって調子が違いすぎるので、寝込む日もあれば布団の中でパソコン作業に没頭できる日もありまして。
作業を出来る時は可能な限りブログの調整をしていたりします。

 

こんな感じでね。

もう気付いて下さっている方々もいるかもしれませんが、今ブログのトップページを含めて極力見やすいように色々と手を加えています。

特に”パパはきょうだい児”編は間もなく50話、そろそろ最終回を迎える”長女の中学受験奮闘記”は20話を超える長編になってきたので続きが読みやすくなるようにページレイアウトを全ページ施しました。
こういうのが案外気分転換になるんですよね~。

 

あとは手の運動用に鬼滅の刃イラストも。
まぁ~、どっぷりとはまってしまいましたね(笑)

 

こんなに泣いた漫画はもう過去にないです。
さすがに手への負担が大きすぎるので(1枚に1時間以上集中しないといけないので)、よっぽど調子の良い時にしか描けませんがね( ̄▽ ̄;)

 

主治医いわく、手は温めながら動かした方が病気の進行には良いらしいので、できる時に頑張っているつもりです。

 

そんなわけで、一時は見失いかけた自身の在り方ですが、今はマイペースに出来ることを出来る時にやる…をモットーに頑張っております。

そんなこんなな僕ですが、早めの復職を目指しつつブログも何かしら更新しておりますので、また覗きに来て頂けると幸いです。

 

なんつーか直球に言うとアクセス数が励みになっているので(笑)

 

これからも何卒よろしくお願い申し上げますm(__)m

 

スポンサーリンク

副作用を克服して来たと思ったら。

 

 

 

 

 

 

うぉおおおおおおい。

 

 

 

そんなわけで、ここ数日またえらいこっちゃになってます。

まぁ…1か月くらいしたら慣れてくるでしょう。
そうしたらまたトラムセットの量が倍増するかもしれんけど(笑)

コメント