きょうだい児(障がい者の兄弟)で何が悪い!!【エピソード8:障がいの確定診断は負の烙印】

きょうだい児(障がい者の兄弟)で何が悪い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

この障がいがあるということを認めたくない、というお話はよくきょうだい児の会でも聞く内容です。

 

親目線でもきょうだい目線でも聞くフレーズなのですが、それはあくまで”僕の周囲で特に聞く”という前提でこの内容を読んで頂けると幸いです。

ま、哀しいかなこれが今の、そしてこれまでの日本の現実だと思っていますがね。

 

Twitterの方でもご意見を頂きましたが、健常者は”正”でそうでない者は”負”だというとらえ方が多いのではないかと。

その”正”は決して正しいの正ではないと思っていますけど。

 

障がいの確定診断をされる=負の烙印を押されるというイメージがどうしてもある。

先程も書きましたが勿論これは僕や僕の知っている方達の主観。

ですが、そのような声は非常に多い。

 

だから認めたくない。

病院に行きたくない。

診断を受けたくない。

 

認めていないから…

だから親としては、僕にうまく説明が出来なかった。

あの時のことはそういったわけだったのだと思う。

 

そして…。

 

ヒロ君は年長に進級するタイミングで、普通の幼稚園から児童発達支援サービスの施設に行くことになりました。

ここは、僕にとってとにかく新しい世界でした。

(2020 01 24 8話Twitter掲載分)

コメント

  1. 「認めたくない。」でも、正直な気持ちはそうだろうな。( ゚д゚)ウム 間違いであって欲しいとも思うだろうな。(゚д゚)(。_。)ウン