きょうだい児(障がい者の兄弟)で何が悪い!!【エピソード4:残酷な質問】

きょうだい児(障がい者の兄弟)で何が悪い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

普通の幼稚園から”恵光園こどもの家”という児童発達支援センターに行くことになったヒロ君。

そして、併せて療育センターにも通うことになった。

 

当時は毎週金曜日に僕の学校が終わってから療育センターに行っていた。

よく分からず僕はついて行っていたが…正直不思議な感じではあった。

 

僕の友達に同じようにしている人はいない。

そして、ヒロ君と同じような兄弟がいる人もいない。

なんでだろう、不思議な、違和感…。

 

そして僕はついに母に聞いてしまった。

母からの返答はヒロ君は病気だからこういった症状なんだよ、だった。

親としては説明しにくかっただろうし、障がいということを認めたくもなかったんだと思う。

障がいを認めないと自分の中に落とし込めないし、それを僕に説明することも出来ない。

そして、この時点では障害があるということを認めたくない。

 

子どもだから仕方ないけど、今振り返るとかなり残酷な質問をしたな…と思う。

 

…僕が”ヒロ君に障がいがある”と母からはっきり聞いたのは、これから何年も何年も先のことだった。

(2020 01 14 4話)

コメント

  1. 衝撃だろうな。ウスウスは気付いてただろうケド、面と向かって言われると。

  2. pope より:

    子供は結構平気で聞いちゃいけない事を聞いたりしますからねぇ!お母様の心のうちを考えると辛くなりますね。