【人の皮を被った悪魔たち】きょうだい児(障がい者の兄弟)で何が悪い!!【エピソード22】

きょうだい児(障がい者の兄弟)で何が悪い

”パパはきょうだい児”関連の記事はこちらからまとめて読めます。

良かったらどうぞm(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

全ての人がそうではないと分かってはいるけど。

自分の身の回りにおかれた環境が劣悪すぎて、おのずとこのような思考になっていっていた。

 

人は群れると強くなるでしょう?

意見だって多数決で圧倒的に偏ったら多い方が有利になるでしょう??

 

この時代では障がい者は差別しても別に良い。それが普通。

そんな考えが世の中で相当に多かった。

それは高齢者を筆頭に子ども達にまでおよんでいた。

 

無関係だからね、言う方は何も関係しないからね。

他者がどうなろうと知ったことではない。。。

 

 

 

所謂、人の皮を被った悪魔たちだ。

 

 

 

このような考えが今であれば何も気にせず街中に繰り出して新型コロナウイルスの脅威を拡大させている老若男女だったりするんじゃないだろうか。

自分は大丈夫。そして人にうつしても別に関係ない、と。

 

極端な話、そういった思想の人間が団結して他所を攻撃するのが戦争だと思うし。

他者がどうなっても良いの最終形、他者が・土地が・国が死のうともどうでも良い…ってね。

 

いつの時代も怖いのは人間。

そう思う。

コメント

  1. 今回のコロナウイルスでの様々な行動(世界を含む)を見ていると、人間は大して進化していないとひしひしと感じます。グローバルなんて聞こえの良いことを言っていた欧米人が、一皮むけば、アジア人を差別しているのですから。

    しょせん、自分や身内以外はすべて他人。

    ひょっとしたら、人間にはこれからも進化など来ないのでしょう。などと思いつつ、それに抗いたいとも思いますが。

  2. Nick Ollie より:

    そんなことはしてはいけないと思うんだけど、他人のことは構わないと思ってしまう自分も確かに自分の中にいたりもするんですよね。いかんよね。