【学校で差別がハジマル…】きょうだい児(障がい者の兄弟)で何が悪い!!【エピソード19】

きょうだい児(障がい者の兄弟)で何が悪い

 

”パパはきょうだい児”関連の記事はこちらからまとめて読めます。

良かったらどうぞm(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


 

 

学校でもたびたび脱走して行方不明になるヒロ君。

そのたびに僕は校内放送でよく呼び出されていた。

そして必死に探し回っていた。

 

ヒロ君の担任の先生は困り果てながらうちの親に電話をしていたと思う。

 

当時田舎にはまだ支援学級というものがなかった。(少なくとも僕の地域は)

だから仕方がないのかもしれないけど、”ふつう”ではない子が行くにはハードルが高い場所だったのかもしれない。学校って。

 

思い返してみれば、クラスに1人や2人は今で言う発達障害の子がいたと思う。

でも、気がつけばそんな子たちは学年が変わったり中学生になるタイミングでいなくなっていった。

 

とにかく…校内放送などのこともあり、僕とヒロ君はある意味学校では有名人になっていった。

そして。

有名になるということは良からぬことを言い出す人も出てくるわけで…。

子ども時代の地獄はこの辺りから徐々に始まっていった。

(2020 03 11 19話Twitter掲載分)

コメント

  1. 読んでるだけでツラくなる。しかし、キチンと知らねば。

  2. pope より:

    子供って時に残酷になりますからね。さぞつらい時が多々あったことでしょう・・・