【弟の自傷行為がはじまる。…止められなかった。】きょうだい児(障がい者の兄弟)で何が悪い!!【エピソード36】

きょうだい児(障がい者の兄弟)で何が悪い
★僕の病状や入院等で急に掲載がストップすることがあります。その時はゴメンナサイ…。 画像クリックで進みます。
その他カテゴリー一覧はこちらからどうぞ。
スポンサーリンク

きょうだい児で何が悪い!!あらすじ


↑クリックで一覧ページに進みます。

きょうだい児とは”障がい者の兄弟姉妹”のこと。
僕はきょうだい児です。ここまでの”パパはきょうだい児”関連の記事はこちらからまとめて読めます。
良ければ併せてご覧下さい。

 

弟の自傷行為がはじまる。…止められなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

ザク…

 

ザク…

 

ザク…

 

手にしたハサミが髪の毛を切り刻む。
指で掴み、執拗に髪の毛を抜いていく…。

 

『もうやめなさい!』
『そんなに髪の毛を切ったり抜いたらダメ!!』

 

母のその声はヒロ君には届かない。

 

あまりに劣悪な環境だった中学時代。
彼のストレスは限界を超え、その矛先は自身の髪の毛に向かっていった。

 

次第に頭部は目も当てられないような状態になってしまった。
過度なストレスから始まってしまった行為。
それはどんどんとエスカレートしていく。

 

ストレートに辛いという思いを口にすることができない。
それが行動となりそうしてようやくその状態を周囲が知ることになる。
ヒロ君の声なきSOS。

 

それがあの頃の僕の心に届くことはなかった。
そして、状況は更に悪化していく。

 

あの頃の俺は、一体何をしていたのだろう。
何を考え何を思い生きていたのだろう。

 

大人になり、こうして僕の過去の出来事を自分で書くことによって改めて考えさせられる自身の動向。
それはまるで…。

 

※次のお話からきつい展開が続きます。
通常の育児マンガとはあまりにも内容が異なる為、こういった内容が苦手な方は見ないようにして下さい。

 

福岡京築きょうだい会れんげ想

次のページには僕が福岡県京築地域で会長を務めてさせて頂いている”福岡京築きょうだい会れんげ想”の詳細などを記しています。
電話番号を含むお知らせフォームも用意しておりますので、お気軽にお問合せ下さい。多くの方の障がい者の兄弟(きょうだい児)会の活動への参加、お待ちしております。

コメント