きょうだい児(障がい者の兄弟)で何が悪い!!‐パパはきょうだい児‐【エピソード1】

きょうだい児(障がい者の兄弟)で何が悪い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

母親がヒロ君に異変を感じたのは彼が2~3才の頃だったそうで、とにかく発語が遅かったらしい。

加えて歩きもちょっと遅かったが、病院では少し遅れていた程度だと言われた。

 

 

 

初めての言葉は『あっぱ(葉っぱ)』

 

 

これは僕にも記憶がある。

僕の家は僕が小学校高学年までアパートに住んでいたが、その中でテレビの部屋に観葉植物を置いていた。

 

その葉っぱを見ながらしきりに『あっぱ、あっぱ』と言っていた。

(2020 01 11Twitter掲載分)

 

 

 

少しづつの掲載(1話につき4~8コマくらい)となりますので、どうかご了承ください。

 

そして、きょうだい児のお話ばかりを掲載するわけにもいかないので、通常のお話や車中泊の方も併せて進行します!

どうぞ宜しくお願いいたします~m(__)m

コメント

  1. 興味深く読んでます。( ゚д゚)ウム 

  2. pope より:

    いよいよスタート!ですね。これからの展開が気になります。じっくりと読ませてもらいますねー